ストレッチ素材

生地の種類(ストレッチ素材)

ストレッチ素材はその特性から、運動性に優れています。
縫う場合は、レジロンのニット用糸やロックミシンの縦糸をウーリー糸に変えたもので縫う必要があります。
普通の糸で縫うと生地がのびたときに糸が切れるので注意してください。
*商品によって他の素材が混紡している場合がございます。その場合は下記の取り扱い方法が当てはまらない場合がございますことご了承いただけますようお願い申し上げます。

生地画像
生地名
四段スムース
(yondan-smooth)
オペコット
(opecott)
色の種類
少ない
やや少ない
厚み
中肉~厚手
やや薄い
価格
高い
すごく高い
組成
ポリエステル100%
ナイロンxポリウレタン
洗濯
普通に洗濯機で可能
普通に洗濯機で可能
アイロン
低温(80℃~120℃)又は不可(様子を見ながらかけてください。)
低温(80℃~120℃)又は不可(様子を見ながらかけてください。)
説明
比較的厚手のしっかりした素材です。
スポーツウェアのジャージタイプの衣装を作るときに使います。
レオタードなどに使われる、縦横にとてもよくのびる素材で光沢があります。光沢を嫌う場合はスムースニットやライクラマットなどになります。こちらでは全身レオタードタイプの衣装や手袋などを作るときによく使います。
実際の使用例
購入サイト
生地画像
生地名
フライス(リブ)
(rib)
鹿ノ子ニット
(kanoko knit)
色の種類
普通
少ない
厚み
中肉
中肉
価格
やや安い
普通
組成
綿100%
洗濯
普通に洗濯機で可能
普通に洗濯機で可能
アイロン
高温(180℃~210℃)
説明
フライスよりリブと言った方が一般的でしょうか。ジャージやトレーナーの袖口や裾部分に付いている物です。
ただ身頃本体と色を揃える必要がある場合が多いので、うまく色が合った時だけ使います。
ポロシャツに使われている生地です。
清涼感があり、通気性にも優れています。
実際の使用例
1(ポロシャツ)
購入サイト
ポロシャツ生地の代表格!「ザ・鹿の子」

ポロシャツ生地の代表格!「ザ・鹿の子」
価格:1,050円(税込、送料別)

生地画像
生地名
スムースニット
(smooth knit)
色の種類
普通
厚み
やや薄い~普通
価格
普通
組成
綿
洗濯
普通に洗濯機で可能
アイロン
高温(180℃~210℃)
説明
特徴は裏表ともに同じ外観になるところです。ストレッチ素材の中では色数が豊富ですので、色目を重視する場合は、これを選ぶと良いでしょう。厚みが足りなかったり、透ける場合は2重にして使うこともあります。
実際の使用例
購入サイト