ミシンを買いました。


少し前ですが、新しくミシンを購入しました。
10年以上使っていた工業用ミシンのモーターが電源を入れても全く動かなくなり、モーターを交換するか、新しくミシンを購入するか悩んだのですが、思い切って新しいミシンを購入しました。


JUKI DDL-9000Bです。

知らぬ間にミシンもすごく進化していました。
ミシンの動力源であるモーターですが、昔はクラッチモーターと言われる大きな鉄の塊がミシン台の下にぶら下がっておりました。
それが電子制御のサーボモーターに変わり、今はモーターが小型化されてミシンの頭部に内蔵されるまでになっておりました。
小さくなったのでパワーが無いかとも思いましたが、かなり強力です。


ミシン台の下にはモーターがありません。

またミシンは機械ですので可動箇所に、定期的に油を差してあげる必要があるのですが、その油が製品につくことがあります。そんなときは油抜きの道具を使って油抜きをしていました。それが今のミシンは油を必要としないドライタイプなんかが登場しております。


今回購入したのはセミドライタイプで少しだけ油を入れますが、今まででしたらミシンの下になみなみとミシン油を注いでいたのが、この緑のタンクに少し入れるだけで良くなりました。

昔のミシンでしたら縫う素材によってセッティングを変えてあげる必要がありましたが、今のミシンはある程度同じ調整でも幅広い素材が縫えるようになっています。素材ごとに調整を行うのは時間ロスになりますので、生産性の向上につながります。

これからもこの新しいミシンを使って高品質な商品をお届けできるようにがんばりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です