綿

生地の種類(綿)

綿は洗濯などが簡単でとても取り扱いがし易い生地です。吸水性もよく、夏場など汗をよくかく時期などに重宝します。値段も手頃なので、衣装製作では最も良く使います。
ただ水につけると地の目方向に縮みます。その点だけご注意下さい。(サンフォライズド加工といって、防縮処理された生地もあります。)
*商品によって他の素材が混紡している場合がございます。その場合は下記の取り扱い方法が当てはまらない場合がございますことご了承いただけますようお願い申し上げます。

生地画像
生地名
シーチング
(seeting)
ブロード
(broad)
色の種類
すごく多い
すごく多い
厚み
薄い
薄い
価格
すごく安い
安い
組成
綿100%
綿100%または綿xポリエステル混紡
洗濯
普通に洗濯機で可能
普通に洗濯機で可能
アイロン
高温(180℃~210℃)
高温(180℃~210℃)
説明
厚みはブロードと同じくらいだが、見た目は素朴な感じがする。昔風の風合いを出す場合は、こちら。
薄手でシャツなどによく使われる、高級感が有り、ポリエステルが入っているものはしわになりにくい。色数も多いので、ある程度の色再現が可能。
こちらではシャツや着物(単衣、羽織り等)を作る時の生地としてよく使います。
実際の使用例
購入サイト
生地画像
生地名
チノクロス(ツイル)
(chino cloth)
オックス
(ox)
色の種類
多い
多い
厚み
中肉
中肉
価格
やや安い
やや安い
組成
綿100%
綿100%
洗濯
普通に洗濯機で可能
普通に洗濯機で可能
アイロン
高温(180℃~210℃)
高温(180℃~210℃)
説明
ブロードより厚手で色数も豊富、生地の表面に斜めの畝(うね)があり、発色も良い。色数が豊富で洗濯も簡単なので、衣装製作で一番良く使う生地です。ブロードでは、多少透けるのでそれを嫌う場合は、こちらを選ぶのも選択肢の一つです。
厚みはチノクロスと同じくらい、チノクロスは、綾織なのに対して、こちらは平織り、そのため表面の畝(うね)が横方向になっています。こちらも色数が豊富なので、チノクロスで色が無い場合は、色目重視でこちらを選ぶ場合もあります。
実際の使用例
購入サイト
生地画像
生地名
カツラギ
(katsuragi)
デニム
(denim)
色の種類
普通
普通(カラーデニム等)
厚み
厚手
厚手
価格
普通
普通
組成
綿100%
綿100%
洗濯
普通に洗濯機で可能
普通に洗濯機で可能(色落ちするので他のものとわけて洗う)
アイロン
高温(180℃~210℃)
高温(180℃~210℃)
説明
チノクロスと同じく斜めに畝(うね)があります。綿素材では、分厚い部類に入ります。しっかりしているので、シルエットを保ちたいときなどに使います。
ジーンズなどでおなじみの素材、デニムは市販のジーンズが安いので、そちらを改造する方が、安上がりかもしれません。色落ち要注意!!
実際の使用例
購入サイト