ご紹介できていなかった製作実例まとめ 2018年12月


みなさま、こんにちは。
今年製作させて頂きました衣装の一部をご紹介させて頂きます。

イケメン革命アリスと恋の魔法 レイ=ブラックウェル

上の画像をクリックすると他の画像をご覧頂けます。

模様は主にアイロンプリントカッティングシートで再現しました。その他合皮の切り貼り、生地状のアイロンプリントなど様々な手法を総動員した大作となっております。

妖怪ウォッチ ぬらりひょん

上の画像をクリックすると他の画像をご覧頂けます。

こちらは合皮の切り貼りで模様を作成しました。裾部分はグラデーションになるように 手染めしております。

東京ディズニーシーファッショナブルイースター クラリス

上の画像をクリックすると他の画像をご覧頂けます。

うろこ部分は、サテンとバイアステープ、裾の模様は生地状のアイロンプリントで模様を作っております。より完成度を上げる場合はオリジナルテキスタイルで柄をプリントすることも可能です。

GLAY HISASHIさん

上の画像をクリックすると他の画像をご覧頂けます。

素材は縫製難易度が高いクラッシュドベロア。ひもも起毛素材で製作しております。

起毛素材自体縫製難易度が高いのですが、起毛素材の生地を縫製難易度が高い順に並べますと、

ベルベット>ハイミロン>クラッシュドベロア>別珍

の順番となり、費用も高くなってきます。ストレッチが入った生地ですと更に難易度が高くなり、縫製士泣かせの生地となります。

舞台 少年ヨルハVer1.0 教官

上の画像をクリックすると他の画像をご覧頂けます。

こちらはほとんどが合皮素材で製作しております。

合皮や革製品のボタンホールの種類は、布帛と同じように糸でかがり縫いしたりのみで穴を開けただけなどいくつかあるのですが、こちらは手間がかかる玉縁始末をしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です