加藤ミリヤさんのレプリカ衣装を製作させて頂きました。


衣装の写真から型紙をおこすときに苦労するのがドレープの再現です。
ドレープは生地を自然に垂らしたときに現れてくるのですが、生地の厚みや特性によって表情が違ってきます。
今回のご衣装の場合、スカートの裾にフリルがドレープ状に連なっており、そのフリルの裾裏側にのみ白いバイアステープが付いたデザインとなっております。
そのためフリルの裏面が見えたところだけ白いラインが見えるようになっており、オリジナルと同じ本数だけラインを見せようとした場合ドレープの出具合を調整する必要があります。
そこで今回は大きさを変えたフリルを何パターンか用意して、先にドレーピングで仮組みを行いドレープの出具合をオリジナルに近づけました。

頂いた資料と同じ本数になるように調節を致しました。







トップスはジョーゼット製ですので、表からも生地端がきれいに見えるように縫い代始末は折り伏せ縫いとパイピング始末で処理しました。

お気に入り頂けますと幸いです。またのご依頼も心よりお待ち申し上げております。

“加藤ミリヤさんのレプリカ衣装を製作させて頂きました。” への3件のフィードバック

  1. さき より:

    こちらの衣装、作成して頂きたいのですが、お値段おいくらくらいになりますか?

  2. 小西エリカ より:

    こちら、制作していただきたいのですが、かのうでしょうか?
    また女性Mサイズで、おいくらでしょうか?

  3. customized R より:

    小西様、さき様

    運用に慣れておらず、お返事が遅れまして大変申し訳ございません。
    こちらのご衣装は上下で50,000円(送料・税込み)となっております。
    納期はトップページにてご案内させていただいております。
    またご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です